東京大学中東地域研究センター UTCMES スルタン・カブース・グローバル中東研究寄付講座

2019年度公開セミナー「アラビア半島の歴史・文化・社会」第12回

イエメン内戦の背景と特質(2019年12月14日開催)

 2015年より始まったイエメンの内戦は、「世界最悪の人道危機」(国連)と呼ばれるとともに、内戦についての理解が極めて困難な事例であるといえよう。内戦が生じた理由や目的が不明確なだけでなく、内戦の主体であるホーシー派と南部運動という存在や、サウジアラビアとイランの代理戦争という側面なども捉えにくい。本報告は、イエメン内戦への考察をさまざまな視点から試みて、その展開にみられる特質を指摘したい。

講演者 松本弘(大東文化大学国際関係学部)
日時 2019年12月14日(土)16:00〜17:30
会場 駒場キャンパス18号館4階 コラボレーションルーム1
https://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_17_j.html
共催 社会デザイン学会中東イスラム世界社会統合研究会
備考 入場無料、事前申込不要
問い合わせ先 東京大学中東地域研究センター(UTCMES)
03-5465-7724/info@utcmes.c.u-tokyo.ac.jp
ダウンロード チラシPDF