東京大学中東地域研究センター UTCMES スルタン・カブース・グローバル中東研究寄付講座

2019年度公開セミナー「アラビア半島の歴史・文化・社会」第14回

中世イエメンにおける奴隷(2020年1月11日開催)

 中世イエメンでは、奴隷あるいは解放奴隷と思しき人々が、為政者のもとで肉体労働に従事したり、側妾としてとどめおかれたり、宦官として政治的軍事的に高位に至ったりした。一方で、奴隷と呼ばれる人間集団が、海岸地帯に集住し、政権の混乱期に活発に活動していたことも史料上に描かれている。中世イエメンにおけるこれらの奴隷は何者であり、何をなしたのか。
 本講演では、史料において奴隷に関連する単語で呼ばれる人々に着目し、その具体的な活動内容を探る。

講演者 馬場多聞(立命館大学文学部)
日時 2020年1月11日(土)16:00〜17:30
会場 駒場キャンパス18号館4階 コラボレーションルーム3
https://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_17_j.html
共催 立命館大学 中東・イスラーム研究センター(CMEIS)
https://www.cmeis-ritsumei.net/
備考 入場無料、事前申込不要
問い合わせ先 東京大学中東地域研究センター(UTCMES)
03-5465-7724/info@utcmes.c.u-tokyo.ac.jp
ダウンロード チラシPDF