東京大学中東地域研究センター UTCMES スルタン・カブース・グローバル中東研究寄付講座

中東イスラーム世界セミナー「中東の思想と社会を読み解く」

第10回「イスラーム哲学の転換点:イブン・スィーナーをめぐる比較思想の試み」

 近年の研究進捗にともない、イスラーム哲学の展望は大きく様変わりしつつある。かつては9世紀の翻訳活動にはじまりイブン・スィーナーとイブン・ルシュドで頂点に達するとされたその歴史が、今日ではイブン・スィーナーから14世紀半ばの時期こそが「黄金期」であるとみなされている。
 今回のセミナーでは、最新の成果を踏まえつつイブン・スィーナーをイスラーム哲学の転換点と捉え、その前後の動向を、言語・宗教の障壁をも乗り越えるかたちで再考してみたい。

講師 小林春夫(東京学芸大学教授)
仁子寿晴(京都大学非常勤講師)
高橋英海(東京大学准教授)
日時 2013年12月21日(土)15:30−17:00
会場 駒場キャンパス18号館1階メディアラボ2
ダウンロード チラシPDF