東京大学中東地域研究センター UTCMES スルタン・カブース・グローバル中東研究寄付講座

レクチャー・コンサート『アレッポの伝統で学ぶアラブ旋法』(2018年12月1日開催)

演奏 ムハンマド・カドリー・ダラール(ウード)
アブドゥ・ヒンディー(歌)
サラーフ・バクル(リック〔打楽器〕)
解説 飯野りさ

シリアの古都アレッポを代表するウード奏者でかつ伝承歌謡の師匠である
ムハンマド・カドリー・ダラール氏をお迎えし、同氏のウードと歌手そして
打楽器奏者の三名からなるアンサンブルで行うレクチャー・コンサートです。
アラブ音楽の旋法(旋律様式)の基本をコンサート前半で紹介し、
聴き方のコツを体験してから、後半で詩の朗唱などを含んだアラブ歌謡を
伝統的な組曲形式で聴きます。なお、前半の内容に関しては、
飯野りさ著『アラブ音楽入門ーアザーンから即興演奏までー』(2018年、スタイルノート)
もご参照いただけます。

日時 2018年12月1日(土) 17時開演(16時30分開場)
場所 東京大学駒場キャンパス、駒場コミュニケーション・プラザ北館2階音楽実習室
主催 科研費基盤(B)「中東少数派の音文化に関する研究ー共有と非共有に着目してー」(研究代表:飯野りさ)
共催 東京大学中東地域研究センター
そのほか 本レクチャー・コンサートは東洋音楽学会東日本支部第106回例会第Ⅱ部として実施されますが、どなたでもご参加いただけます。
問い合わせ先 飯野りさ iino@u-sacred-heart.ac.jp
ダウンロード チラシPDF