東京大学中東地域研究センター UTCMES スルタン・カブース・グローバル中東研究寄付講座

連続公開セミナー

アラビア半島の歴史・文化・社会(全13回)

UTCMESは、2019年度に公開セミナー「アラビア半島の歴史・文化・社会」を開催いたします。セミナーでは、研究の第一線で活躍する研究者を講師に招き、大きな変容の時期を迎えているアラビア半島の各地を、13回にわたって読み解きます。このセミナーは、公開でおこなわれ、誰でも聴講可能、入場無料です。講演スケジュールにつきましては、随時インターネット・ウェブサイト上などで更新・ご案内いたします。皆様のご来場を、心からお待ちしています。

セミナーの日程(2019年5月~7月分)

全13回の予定は、下の「チラシPDF」からご確認いただけます。

*題目は仮のものも含まれます。また講演の順序や内容が変更になる場合があります。

 最新のプログラムは、本ウェブサイトで随時更新していきます。

 

(1)2019年5月25日(土)15:00-16:30

会場:18号館4階コラボレーションルーム3

辻上奈美江(上智大学総合グローバル学部)

「モール、ムタウウィウ、国家:サウジアラビアと消費主義」

 

(2)2019年6月5日(土)17:00-18:30

会場:18号館4階コラボレーションルーム3

村上拓哉(中東調査会)

「オマーンからUAEの北部首長国にかけての部族社会・政治」

 

 (3)2019年6月29日(土)15:00-16:30

会場:18号館4階コラボレーションルーム3

大川真由子(神奈川大学外国語学部)

「オマーンにおける多様なエスニシティと国民統合」

 

(4)2019年7月6日(土)16:00-17:30

会場:18号館4階コラボレーションルーム3

近藤重人(日本エネルギー経済研究所)

「外国人労働者への態度が厳しくなるクウェート」

 

(5)2019年7月13日(土)16:00-17:30

会場:18号館4階コラボレーションルーム3

大坪玲子(東京大学大学院総合文化研究科)

「嗜好品から考えるイエメン社会」

 

ダウンロード チラシPDF