東京大学中東地域研究センター UTCMES スルタン・カブース・グローバル中東研究寄付講座

公開講演会

イラク戦争後の「マイノリティ」をめぐる法と政治:身分関係法を題材として(7月19日開催)

中東諸国における憲法秩序は、一部をのぞき、西欧近代憲法が解体したはずの「中間団体」を維持している。中東の憲法秩序の文脈において中間団体とは宗教共同体であり、宗教共同体はパーソナルロー(身分関係法)の適用だけでなく、例えば宗教の自由や選挙において争点となる。本報告では、イラク戦争後のマイノリティをめぐる法と政治について、身分関係法を題材に論じる。

講演者 桑原 尚子(早稲田大学比較法研究所招聘研究員、元JICAイラク事務所企画調査員)
日時 2019年7月19日(金)17:00~18:30
会場 東京大学駒場キャンパス18号館4階コラボレーションルーム1
共催 科学研究費補助金・基盤研究 (B)「中東地域を中心とするイスラーム圏の宗教・民族・社会的多様性に関する総合的研究」(代表:高橋英海)
備考 入場無料、事前申込不要
問い合わせ先 東京大学中東地域研究センター(UTCMES)
03-5465-7724/info@utcmes.c.u-tokyo.ac.jp
http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/UTCMES
ダウンロード チラシPDF