Loading...

東京大学大学院農学生命科学研究科土壌圏科学研究室

EN
水田土壌の自律的な窒素肥沃度維持を担う
微生物メカニズムの解明と低窒素農業への応用
水田土壌の自律的な窒素肥沃度維持を担う微生物メカニズムの解明と低窒素農業への応用 水田土壌の自律的な窒素肥沃度維持を担う微生物メカニズムの解明と低窒素農業への応用
畑土壌における温室効果ガス発生・非発生の
微生物メカニズム解明と削減技術の開発
畑土壌における温室効果ガス発生・非発生の微生物メカニズム解明と削減技術の開発 畑土壌における温室効果ガス発生・非発生の微生物メカニズム解明と削減技術の開発
土壌におけるリン可給性向上のための基盤研究
土壌におけるリン可給性向上のための基盤研究 土壌におけるリン可給性向上のための基盤研究
土壌微生物の群集構造形成メカニズム
に関する研究
土壌微生物の群集構造形成メカニズムに関する研究 土壌微生物の群集構造形成メカニズムに関する研究
土壌の窒素・炭素循環と
それを駆動する微生物群集の生態・機能の解明
土壌の窒素・炭素循環とそれを駆動する微生物群集の生態・機能の解明 土壌の窒素・炭素循環とそれを駆動する微生物群集の生態・機能の解明
土壌圏科学研究室
Soil Science Laboratory, The University of Tokyo.
土壌圏科学研究室 土壌圏科学研究室

研究室からのメッセージ
Message

土壌の生物的機能を明らかにして食糧生産や生態系保全に役立てる

土壌は陸上生態系の土台をなし、食糧生産を支えています。そこには土壌に生息する膨大な数の多種多様な微生物の働きが大きく貢献しています。物質循環の駆動や植物への養分供給はその一例です。土壌の生物的機能の全貌を明らかにして診断・制御・利用する事は、土壌を健全に保ち、人類が生存するための重要な課題です。
土壌圏科学研究室は「土壌の生物的機能とそのしくみを明らかにして持続的食糧生産や生態系保全に貢献する」ことを使命として研究・教育活動を行っています。私達の研究対象は、農耕地や森林の土壌です。土壌に興味を持ち研究意欲の高い学生を歓迎します。

土壌圏科学研究室 教授 妹尾 啓史

お知らせ
News

2019年度までのニュースはこちら

トップへ戻る