東京大学大学院農学生命科学研究科土壌圏科学研究室

EN

土壌圏科学研究室の歴史

 土壌圏科学研究室は、明治26年(1893年)、帝国大学農科大学の地質学・土壌学講座として開設されました。農科大学時代から現在まで続いている数少ない研究室のひとつです。
 講座開設時は脇水鉄五郎先生が地質学に基づいた基礎土壌学の講義・実習を行いました。脇水先生は「樺太ポドソルの発見」や「関東ロームの浅海堆積説の提唱」等の実績を残されました。
 昭和3年(1928年)3月の脇水先生の退官後、農芸化学・化学第一講座の麻生慶次郎先生が昭和11年(1936年)3月まで土壌学の講義を分担しました。麻生先生は「土壌粒子の粒径分析手法」を確立し、「酸性土壌の成因」について重要な研究を行いました。
 昭和17年(1942年)から地質学・土壌学講座は農芸化学科の所属となり、教授に就任された塩入松三郎先生によって土壌学の講義と実習が行われました。塩入先生は「土壌膠質成分の微量分析法」を確立し、「水田土壌の硝化脱窒・老朽化水田の改良に関する研究」に対して文化功労者に顕彰されました。
 昭和25年(1950年)からは弘法健三先生が土壌学の講義を担当し、「開墾地土壌の熟畑化過程に関する研究」や「火山灰土壌の生成過程の研究」を行いました。これらは日本に分布する新旧各種火山灰土壌の生成過程を初めて統一的に論じた研究として評価されています。
 その後、昭和43年(1968年)から高井康雄先生(水田土壌の物質変化と微生物研究)、昭和60年(1985年)から和田秀徳先生(水田土壌の動的ミクロペドロジーについての研究)、平成元年(1989年)から松本聰先生(耕地土壌の劣化と修復に関する研究)が教授に就任されました。
 平成14年(2002年)からは妹尾が教授となり、水田土壌の脱窒微生物に関する研究、畑土壌の温室効果ガス生成・消去微生物と削減技術についての研究、水田土壌のメタゲノム解析、水田土壌の窒素肥沃度維持の微生物メカニズム解明などの研究を行っています(→研究内容のページへ)。

   

歴代の研究資料
Historical Archives

農科大学時代の開設当初から120年あまり続いている土壌圏科学研究室には、歴代教授の残された数多くの研究標本や資料がありました。その一部をご紹介します。
貴重な標本や資料を後世に残し今後の研究に役立てるため、平成29年春に東京大学文書館と博物館に移管しました。

トップへ戻る